« プログラムN-B | トップページ | 樊噲排闥賞2012 »

北海道セレクション

一番後回しになって、最終日に観ることになっちまった北海道セレクション。
自分が実写系の人間じゃないなあというのを痛感しました。そこらへんの視点からレビューでつついてみようかと思います。

あと「うごくえごよみ」の墨絵を描いた横須賀さんが、壇上で『小アニメーション大感激祭』の事を口にして嬉しくなったな。オイラが見てきた範囲で、あのイベントが「次回上映の場」としてSSF上で口にされたのは初めて。
KUROMAME もあそこのデビュー上映で知ったし、札幌の、個人運営の映画上映会の割に、とても影響力のあるイベントだと思います。中学生から海外のアーティストまで、個人作品の「いま」をダイレクトに知ることができる貴重な場所でもあるし。
SSFと大感激祭は、どちらが上ってコトもなく、オイラの中では等しく札幌の誇りになってます(全然行けてないけど…今年は行くぞ…)。

テンプレ

「へいたいがっこう」

「約束のネイロ」

「うごくえこよみ」

「Backwash」

「スノウリバーのシャロン」

「party」

|

« プログラムN-B | トップページ | 樊噲排闥賞2012 »

第七回札幌国際短編映画祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道セレクション:

« プログラムN-B | トップページ | 樊噲排闥賞2012 »