« ファミリー&チルドレン | トップページ | プログラムI-A »

プログラムF-A

ポルトガル在住のイラン監督 VS アメリカ在住のドイツ系アニメーター対決。
居住地は違っても、ふたりとも間違いなくイランとドイツの文化を引きずってます。良くも悪しくも…。

●モハマドレジャ・ハジボ
イランの監督って、誰も彼もがマジメなんですよね。
キアロスタミ監督とかゴバディ監督とか。「運動靴と赤い金魚」のマジッド・マジディもそうだし。そんなイラン監督中で、このハジボ氏は一番くだけた作品が撮れてます。それでもまだ襟をピシイィィっと正してますけど。この人にイラン映画の新しい側面を開拓して欲しいと願います。

「初出勤」

「検査結果」

「ベイビー」

●ドン・ハーツフェルト
あー、bitterfilm.com の中の人がついにSSF登場ですわ…こんな日が来るんじゃないかと不安だったんだ…。
この人には初期の YouTUBE や Google ビデオで何度も煮え湯を飲まされた記憶があります。毒気のない線画アニメと思わせておいて、思いっきり残酷な展開をやってくれる人。
今回エントリーしたのは、かなり内省的な描写を含んだ、過去の表面的な不快感狙いよりも一段深化した作品群。でもまだ評価はしねーなオイラは。

「きっとすべて大丈夫」

「休憩3D」

「あなたは私の誇り」

|

« ファミリー&チルドレン | トップページ | プログラムI-A »

第七回札幌国際短編映画祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラムF-A:

« ファミリー&チルドレン | トップページ | プログラムI-A »