« 原始文明がレペテする | トップページ | 隠し苦味大増量 »

『エクステ』ハリウッド・リメイク!

『スパイダーマン3』。スパイダーマン3会員サービスデーだったので『神童』をもう一度観とこうと思って行ったんですが、15分遅かった。仕方ないので千円払ってコッチにしました。値段的には千円で得も損もしなかった感じかなぁ。とにかく、『ダ・ヴィンチ・コード』で味をしめたコロンビアの金のかけ方が醜い映画。コミック版スパイダーマンの最大の特徴である「フラフラ恋愛関係」をメインに持ってきた、映画版スパファンの切り捨て方が潔い。今までずっと「ブサイク」と言われ続けたMJを今回も頑固にメイン・ヒロインに据え、二番目以降のガールフレンドとのお付き合いは「お遊び」の中に押し込めてしまう。まあ911→イラクのイメージとか、いろいろちゃんとした要素はあるんですが、スパイダーマンはドラマとアクションが別の映画ですから。むしろ、こういう「後から付け加えられた要素」に日本アニメ風の展開をする部分があって、「ソニーが相当口を出したんじゃないか」って余計な心配までしちまいました。ライミが頑なにコミックのスタンスを固持したので、パーカー君とMJ姫との関係についてはソニーの攻撃からガードできた感じかな。今回のは、多分、最初からコミックを読み続けてるファンにはたまらなく嬉しいんだろう…と想像がつきます。コミックでのMJはパーカーの正体を知った途端、失踪しますからね。ファンによるファンのための、一見さんお断り映画(ファンでないから推定)。そんなくだらない企画に3億ドル投じようとするコロンビアの方が、精神膿んでるわぁ。

●追記:サム・ライミIMDb にあったサム・ライミの画像。痩せたなおい…。●追記2:1作目のDVDを引っ張りだしてきて観る。冒頭で「これは一人の女の子を巡る物語だ」と、いきなり3部作の最後までの道筋を示していたのにビックリ。確かにぜい肉を取り払えば、3作全体で言ってる事はそれだけでした。もつれた三角関係を許すの許さねーのといったテーマが1作目で仕掛けられ、ニューヨーク市民を巻き込みながら大アクションの末に主人公が成長しました、と。サンドマンがシンボライズする911やイラク戦争なんて、この三角関係なメロドラマの伴奏ですね。伴奏。

|

« 原始文明がレペテする | トップページ | 隠し苦味大増量 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『エクステ』ハリウッド・リメイク!:

« 原始文明がレペテする | トップページ | 隠し苦味大増量 »