« 『長い散歩』の解釈 | トップページ | kuromame 応援枠/千秋楽 »

古き良きアメリカ科学者

『不都合な真実』。

ハリケーン何をいまさらだけど、大学では地球温暖化を専門にやってました。80年代の話です。
しかもオイラは「オゾン層がああぁ~!」とフロン叩きをして、予算取りに明け暮れた80年代の環境科学の世界を知っているので、CO2起源の地球温暖化には「まだまだ証拠が足りなすぎる」という立場で懐疑派。奴らにはいろいろ反論できる理論体系は持っていた…今日までは。

でまあコレ全然観る予定なかったんですが、「アル・ゴアのプレゼンテーション技術が凄い」という話を、信頼している銀河ブログさんの記事で読んだんで「どーせいろいろショッキングな砂漠化の写真を並べて危機感を煽るんでしょ~? ちょっと冷やかしに行ってやるか」程度のつもりで観に行きました。マリアナ海溝より深く反省する結果となりました。

アル・ゴアが地球温暖化の証拠を始めて発表したロジャー・レヴェルの下で勉強してたとは知らなかった(門は違えどオイラの先輩じゃん)。彼の言葉は環境科学の用語を正しく噛み砕いていて、そこらの科学解説者より要領がよく、正確でした。
これは良きアメリカの伝統と言えますね。
ジョージ・ガモフ、リチャード・ファインマン、アイザック・アシモフ、マーチン・ガードナー…ああいう科学者&科学解説者の、「明快で論証の容易な科学」を信奉する風土だからこそ作れた映画だし、そういうセンスの作品に仕上げたのはおそらくアル・ゴア本人だろうなあ。ゴアは予想される科学者からの反論を合理的に潰すのが巧い(アシモフ的)。最後には「絶望に逃げるな。対処方法はある」とカンフル剤まで打っていく(ファインマン的)。古き良きアメリカ科学解説者の系譜にゴアを連ねるのは、オイラ的には依存ないっす。

「一羽目のカナリア(北半球)」で語られていた事については80年代から海洋研究の常識で、オイラの基礎知識であり、間違いなく正しい。あの理論をベースにして『アフター・ザ・トゥモロー』が作られている、と言っておけば一応傍証にもなるかな(アッチは検証できない理論も含めて構築されてるんで現役の専門家は黙殺したんですがネ)。
だが「二羽目のカナリア」は主に2000年以降に起こった《不都合な真実》で、オイラは詳細までは知りませんでした。崩壊した氷棚はマジででかいです。ゴアが紹介してた懐疑派の学者の言葉通り「数十年後に起こる現象」だとタカをくくってました。他の《不都合な真実》は既知だから別にいいけど、氷棚の件だけは打ちのめされた。

公平に言えば、溶け始めたのは世界の陸氷のほんの一部(1%以下)で、南極自身は降雪量が増えているから数字上の反論の余地はあります。だけど、いま反論してたらおそらく半世紀後には人類の半分が死んでる。オイラの知らないうちに温暖化のルールが変わっていたからです。《不都合な未来》の方が加速して迫ってきたからです。
おそらくあと20年が正念場でしょう。それを過ぎれば陸氷が溶けるのは防げなくなって、地球の熱収支の平衡点は、現在とは違うどっか別のレベルで安定してしまう。まず作物が取れなくなり、餓死者が続出します(気候的に穀倉地帯は移動するけど、畑や土壌や水利は移動しないから)。ゴアも言ってますが、熱帯系の伝染病は加速度的に増えます(昔、3.5億人死亡という試算がニュースレターに出た事があった)。温暖化なしでの予測ですら今世紀後半は「世界人口の1/4が清潔な水を飲めなくなる」と予測されてるのに、その数字はもっと増加するはず。半世紀後(もっと近い?)の世界では、水は石油より遥かに貴重になります。「全部、遠い未来の事」だと信じて疑わなかった現象が、未来の方から接近して来るのは本当に想定外だった。

ドキュメンタリーで、しかもこんな特定政党の主張が明快に出た洗脳映画系のドキュメンタリーで自分の考えを改めたのは初めて。
ちなみに、オイラは車も免許も持たない主義です。日用品の電化が進み、京都議定書がスタンダードになりつつある今、これ(マイカーを持たない・運転しない)さえやっておけば温暖化にキッチリ効果を出すはずです。京都議定書を批准すると森林破壊する国は損しちゃうので、焼畑は自然に減っていくはず。
バスと電車が使えるシーンで、ジブン専用の内燃機関でガソリン燃やすのはやめようよ。アレが一番、地球を痛めつけてるんだからさあ…ゴア本人も乗ってるんでカチンと来たけどね(笑)。

最後に。
エンディングロールが秀逸です。泣きました。きっと他にも泣く人は多いんじゃないかな。
製作意図に反して、オイラは幸せな気持ちで劇場を出ました。理由はいろいろありますけど、ま、それが結局「洗脳された」って証拠かな。そういう映画ですが、チンケなプロモビデオまがいの三人娘を観たり、妹に恋したり、裏切ったりやってなかったり待ってくれたりするよりはよほどイイと思いますよ(全部観る気ないっすけど (^_^;)。
エンディングロールでも「この映画を知人にも観るよう薦めて下さい」と言ってたので、オススメしときます。みんなで洗脳されちまえ(笑)。

|

« 『長い散歩』の解釈 | トップページ | kuromame 応援枠/千秋楽 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古き良きアメリカ科学者:

« 『長い散歩』の解釈 | トップページ | kuromame 応援枠/千秋楽 »