« 短編映画祭とはどんなビジネスか | トップページ | こまちゃんもよろしく »

『kuromame』の上映会があッ!

ええい、どうせ札幌は『火事だよ!カワイ子ちゃん』チェコアニメ映画祭ヤン翁も来ないような田舎都市よ。
だがな、この街には、この街には『kuromame』がある~っ!

…という事で、公式ブログに上映会の情報がUPされました。

『KUROMAME ~ the magic wand』上映会

●場所:161倉庫札幌市東区北16東1 西沢水産ビル地下
●日時:2006年11月23日( ●  勤労感謝の日)
●値段:1000円(飲物付)
●時間:16:00~16:50/18:00~18:50/21:00~21:50
※「おまけ映像あり」とのコト

いきなりうちのアクセス数が増えたと思ったら、コレだったのか。
職場泊まり込みで地獄を見ている頃ですが、そんなに遠くないので抜けてくかな…。

●追記:
上映会の当日は、例のエヴァ&ガンダムマラソン上映会にガチンコでぶつかるのか。客層が違うからいいけど…こないだの銀河ブログさんの三角山放送なんか、「マラソン上映」ってだけで大盛り上がりしてたからなあ。
クレイ道の切なさを感じるなあ…。(^_^;

●追記2:
行ってきました。kuromame スープカップも買ったっ。
前回の道民施設かでる2.7での上映が自主上映の王道だったとすれば、今回のライブハウス倉庫161での上映はゲリラ(笑)です。いやホント部屋の狭さは覚悟してましたけど、同じ小ささでもかでる2.7の会議室とはコンビニとキヨスクくらいの差がありました。しかも地下一階、フィジカルにアングラだ。
この《地下キヨスク》で、上映時間まで鳴り響くマカダミアンの歌!

♪まかだみあ~ん
♪まかだみあ~ん
♪まかまかまかだみああ~ん

ソレ、やるっすか普通! …などと『kuromame』未見の方々に語っても仕方ないですがね。初回上映の時とは真逆の、『kuromame』が一応持っていたアングラ性ちゅーかアウトサイダー性がイヤでも際立った上映会でありました。この作品、心地よいダウナー系のダラダラムービーでもあるんだよなあ。今回はこの直後に『ダック・シーズン』観たので、なおさらこの傾向の印象が強いです(ある種強烈な組合せではあるのぅ (^-^;)。

んでこのライブハウスの2コマ隣にスタジオ兼ショップがあるんです。初めて知りましたキュウイの本拠地(というか秘密基地みたいな感じ)。
これまた狭い店内の半分が、映画に使われた町並みに占領されてました。写真撮ってこなかったのがすっごい残念。黒豆一家の家はもちろん、豆畑も、スープカレーの店も、後半に登場する怪しい酒屋さんのヒヨコたちまで、キッチリ映画のままに配置されてました。
作品では《午前~昼~夕方》という時間の流れを伝える演出がしっかりしてます。多分ライティングの技術なんだと思うんですが…正直あんな小さなスタジオでやれてしまうマジックにちょい驚き。音の入れ方なんかもあるんだろうけど。

…などと、ちょっとだけ『kuromame』界が身近になった上映会でした。

●追記3:
そうそう書き忘れましたが、上映会では監督さんをはじめ、スタッフの方々がいっぱい。もしかしたら観客の方が少なかったかもです。
うーん、でも…地道に宣伝していくしかないんだよなあ…札幌のクレイ道は厳しいっす。

|

« 短編映画祭とはどんなビジネスか | トップページ | こまちゃんもよろしく »

映画祭」カテゴリの記事

コメント

近い。行ってきます。
研究室の後輩に聞いたところによると、かなり狭いらしいです。

投稿: hilo | 2006.11.16 14:22

どもども。
確かに、そりゃ近いっすなあ。
これから、面白そうな上映情報はマメにUPしていく予定です。

なんか最近商業映画がつまんなくなって、自主上映会かキノばっかりになってきたな…『サンキュー・スモーキング』はアーロン・エッカートなんで行きますが。

投稿: エスねこ | 2006.11.16 21:48

じゃ~ブラック・ダリアも行かなくちゃならないっすね~。あの人の演技だけは評価が高いようです。

投稿: hilo | 2006.11.17 15:12

実は一瞬迷ったんですよね、『ブラック・ダリア』。
でも、アーロン・エッカートの演技の真骨頂は「強烈なうさん臭さ」だと思うのでパスしたという…ま、DVDでもいいっしょ。
『サンキュー・スモーキング』での情報操作王は絶対ハマリ役だと思います。今週末のどこかで行く予定っす。

投稿: エスねこ | 2006.11.18 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『kuromame』の上映会があッ!:

« 短編映画祭とはどんなビジネスか | トップページ | こまちゃんもよろしく »